ブランドも金も宝石も買い取り買い取って。質屋!

質屋ってなに?2

質屋の利用法1

質預かり

質屋の本業とも言える、質預かりの基本的な流れを↓で説明します。
読んで頂ければ、結構簡単な事に気が付くかと思われます。

  • 来店
  • 特に事前の連絡や相談の必要などは必要ないのですが、
    質屋によっては、持ち込む品物の種類によって、得意な品や、苦手な品などがあったりします。
    査定額を出来るだけあげていくのには、持ち込む品によって質屋を選ぶ必要があるかも知れません。
    また、18歳未満は法律によって、利用は不可能となっています。
  • 鑑定
  • 品物は、質屋の担当者が直接鑑定します。
    その持ち込んだ品物の現在の相場に基づいて査定し、
    その品物を預けていくらまでお金を貸すことができるかを算出します。
    この時、持ち込む前に汚れを拭き取ってキレイな状態にしたり、
    付属品のある品物は、それらを付ける事によって、査定額がアップする可能性があります。
  • 金額の提示
  • 持ち込んだお客さんに、どのように金額を算出したのかを丁寧に説明をして、
    その値段で良いのかどうかを確認して、納得してもらいます。
    この金額で納得ができたのなら、品物を預かる期間や、利息などの説明をしてくれます。
    もし、査定額に納得ができないようであれば、そのまま質に入れる必要は無く、
    品物をお持ち帰りいただいても構いません。(査定→即質に入れる必要は無し。)
    もちろん、査定に関してかかった査定費用などの手数料等は一切もらわないのが一般的です。
  • 身分の確認(初回のみ)
  • 全国の質屋で作る、全国質屋組合連合会(全質連)と、その加盟質屋などでは、
    質屋初回のお客さんに限って、身分証明書が必要であるとしています。
    質屋に提示可能な身分証明書には、運転免許証、健康保険証、パスポートなどがあります。
    不明な点・分からない点があれば、質屋の方に問い合わせた方が良いでしょう。
    なお、前述の全質連や、加盟質屋などでは、2回目以降は身分確認の必要は無いとしています。
  • 現金と質札の引き渡し
  • 査定額に納得できた場合には、その場ですぐに現金と質札という預かり証のような伝票が渡されます。
    質札は、お金を返すことが出来、預けた品物を受け取る場合、
    また、利息を支払って期限を延長するときなどに必要になりますので、大切に保管してください。
  • 手続き終了
  • 預けた品物を預かるは3ヶ月がその期間です。 この期間の間に貸付額と利息を質屋に支払えば、いつでも品物を返却してもらうことが出来ます。
    また、全額は返せなくとも、預かり期限内に利息のみでも支払うことが出来れば、預かり期間の延長ができます。
    また、仮に返済ができなくなったとしても、質屋が預かった品物は、そのまま質流れになる仕組みとなっていますので、貸付金の返済請求や、取り立て行為などは一切ありません。
    安心して利用できる仕組みとなっています。

    recommend

    宮古島 ダイビングショップ

    最終更新日:2017/6/15